専門機関の評価による
環境負荷とCO2削減

MOTTAの復元サービスは、まだ使えるバッテリーを有効活用することでコスト削減とCO2削減をカタチにしています。

コスト削減とCO2削減

MOTTAのサービスはコスト削減だけでなく、ユーザー様の環境面での施策を支援します。そのために、第三者機関からの客観的な評価を経て、そのサービスの環境負荷やCO2の削減量などを見える化しています。

エコリーフJR-BG-21001E

エコリーフ環境負荷評価

認証団体
(一社)サステナブル経営推進機構
準拠規格
国際規格 ISO 14025:2006
認定月日
2021年2月

CFT(カーボンフットプリント)CO2排出量評価

認証団体
(一社)サステナブル経営推進機構
準拠規格
国際規格ISO/TS 14067:2013
認定月日
2021年2月
川崎メカニズム認証

川崎メカニズム認証CO2削減量評価

認証団体
川崎市
準拠規格
域外貢献量算定ガイドライン(川崎市)
認定月日
2020年10月

復元サービスの環境的価値

大手企業様を中心に、具体的なCO2削減施策として、広く活用されています。

バッテリー

多くの企業様がCO2削減を掲げ、その実現に向けて努力をする中、CO2削減はできるけれどもコストがかかることがほとんどです。

しかしながら、MOTTAのバッテリー復元サービスは、コストを削減しながらCO2削減にも寄与できる価値あるサービスです。

電動フォークリフトはメーカー、物流業、倉庫業など様々な産業で広く使用されている極めて一般的なツールでありがゆえ、多くの企業様に活用いただける削減施策となっています。

対新品CO2削減量67 対新品製造時CO2削減量

第三者機関による算定
(認証取得済み)

主要型式のCO2削減例(電動フォークリフト用バッテリー)

電池容量 復元によるCO2削減量 ペットボトル削減換算
(2L容器)
201(Ah)48V -249.41kg 約1,875本
280(Ah)48V -339.20kg 約2,550本
320(Ah)48V -369.12kg 約2,775本
370(Ah)48V -424.99kg 約3,195本
400(Ah)48V -486.84kg 約3,660本
565(Ah)48V -638.48kg 約4,800本

[出典]環境省 環境再生・資源循環 第六章 参考資料
ペットボトル(ミネラルウォーター用2L容量)のCO2 排出量:133(g-CO2)=0.133(kg-CO2)

認証に基づいた削減証書の発行

CO2排出量及び削減量証書(サンプル)
バッテリー復元によって得られる
CO2削減証書をユーザー様にご提供

MOTTAでは、ユーザー様のバッテリー復元によるCO2削減量を示す「削減証書」を発行しています。

これは第三者機関の評価に基づく数値であり、証書自体も同機関の承認を得た内容となっております。

CO2削減の具体的な取り組みの一環として、ユーザー様から大変好評をいただいております。

証書記載内容(補足)
認定における設定
  • 仕様:2019年度に株式会社イグアスが復元したバッテリーの平均値である527.4kg / 350Ah( / 5h)
  • 耐用年数:復元品を新品(4年間)の8割と想定。
注意事項

※1:エコリーフ環境ラベルプログラムによるカーボンフットプリント/エコリーフ認定(国際規格ISO14025:2006およびISO/TS14067:2013準拠) 原材料調達~廃棄・リサイクルまでのフルライフサイクルにおける値。気候変動:3,500kg-CO2eq/製品。 ※2:2020年度川崎メカニズム認証 新品の鉛蓄電池との比較とし、輸送~廃棄リサイクル段階は新品と同等として、原材料調達・生産段階のみを対象とした。また、復元品は耐用年数を新品の8割と想定し、新品のCO2排出量の8割と比較した。CO2削減量は、419kg-CO2 eq/製品 ※3:エコリーフ環境ラベルプログラムによるエコリーフ認定(国際規格 ISO 14025:2006準拠) 原材料調達~廃棄・リサイクルまでのフルライフサイクルにおける値。酸性化:1.4kg-SO2eq、資源消費:0.015kg-Sbeq(/製品) ※4:表記の数字については、CO2排出量および環境負荷は重量に比例するとして、イグアスにおいて換算を実施。

ケーススタディ(CO2削減と採用事例)

SBSリコーロジスティクス株式会社 様

SBSリコーロジスティクス株式会社 様

バッテリーの復元を通して、15.82トンのCO2削減を実現しています。